1:列車とバスの組み合わせ
新宿駅~中央線(特急かいじ・あずさ)~甲府駅~(高速バス)~上飯田
コスパ ★★ (5,150~6,940円)
時間  ★★ (4時間半)
本数  ★  (1日3本)

価格(片道)(2019年10月現在)
14日前まで:特急「あずさ・かいじ」は「えきねっとお先にトクだ値」、高速バスは「早割7」利用
2,710(あずさ・かいじ)+2,440(高速バス)=合計5,150円
②  1日前まで:特急「あずさ・かいじ」は「えきねっとトクだ値」利用
3,490(あずさ・かいじ)+3,050(高速バス)=合計6,540円
定価
2,310(乗車券)+1,580(自由席または指定席特急券同額)+3,050(高速バス)=合計6,940円

※各種早割は座席数に限りがありますから、14日前でも売り切れていて、定価購入になる可能性があります。予定が決まったら、早めに予約してください。
なお、JR東日本「
えきねっと」は、事前登録が必要で、クレジットカード決済専用です。
※甲府~飯田の高速バスは、早割のほか、往復割引と学生割引があります。

解説
  中央道の小仏渋滞を避け、岡谷からの長い飯田線をワープできるという2つの長所を兼ね揃えたルート。行楽シーズンの3連休に訪飯するなら利用を検討しましょう。  ただし、バスの本数が3往復/日なため、東京からの訪飯にベストな時間は下記のみです。

ダイヤ(2019年度)
 新宿駅1400→1525甲府駅1600→1830上飯田
 上飯田1009→1234甲府駅1316→1441新宿駅
 上飯田1649→1903甲府駅1942→2106新宿駅
※上飯田~飯田駅は徒歩12分 バスは甲府~名古屋を結ぶ路線です。

2:花バス観光の高速バス
コスパ ★★★(1,500~3,200円)
時間  ★★★(4時間半)
本数  ★  (1日4往復)

価格(片道)(2019年10月現在)
 通常は3,000円程度です。飛行機の早割のような制度があり、希望の便に空席が多ければ、1,500円で予約できるキャンペーンも実施されています。

解説

 元ツアーバス会社から、高速バスに参入した会社です。主にトイレやWIFI設備が車内になく、途中にバスの乗り移りがあることなどから、京王系の高速バスより安い。
ダイヤは、どちらかというと飯田在住の人向けの設定です。

3:すべて普通列車

① 新宿駅~中央線(普通)~岡谷駅~飯田線~飯田駅 
 快適さを求めれば、新宿~小淵沢間は「ホリデー快速」に、飯田線は「快速みすず」以外に乗れば、確実にボックス席または、座席が前を向いています。
片道料金:合計5,170円 (2019年10月現在)
※青春18きっぷの時期なら2,370円(切符1枚あたりとして計算)

② 新宿駅~京王線~高尾~中央線(普通)~岡谷駅~飯田線~飯田駅
片道料金:370(京王線)+4,070(JR)=合計4,440円 (2019年10月現在)