目次
 1:名古屋~(高速バス)~飯田
 2:名古屋~(新幹線)~豊橋~(飯田線、特急伊那路)~飯田
 3:名古屋~(JR)~中津川~(レンタカー)~飯田
 4・5:その他
※料金の算出は、名古屋駅と飯田駅を拠点とし、2020年1月現在である。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1:名古屋~高速バス~飯田

(名古屋駅のほか、夕方は栄からも乗車可能)
(そのほか、桃花台・JR瑞浪駅付近など中央道上にバス停あり)
コスパ ★★★(2,600円)
時間  ★★★(2時間半)
本数  ★★★(飯田駅発着便:60分おき、上伊那発着便:60-120分おき)

料金(2019年10月現在)
片道:2,600円
往復(4日間有効)1枚あたり:2,350円
そのほか、お得な4枚券(3か月有効)や10枚券(3か月有効)もあります。
名古屋線は、年間を通して同じ料金で、WEBやクレジットカードを活用しても割引はありません。

ダイヤ(2019年度)
①飯田駅発着便
 飯田駅→名古屋:530~1930発 (60分おき) 
   名古屋駅→飯田:700~2110発 (60分おき)
②上伊那発着便
 上飯田→名古屋 :600~1900発(朝夕60分おき、昼120分おき)
    名古屋駅→上伊那:730~1930発(朝夕60分おき、昼120分おき)

備考
 名古屋線は大きく、A:名古屋駅~飯田駅と、B:名古屋駅~上伊那の2路線があります。
A:名古屋~飯田駅 発着便
 下記路線図の上4本です。1時間おきに便があり、飯田駅を発着します。
はじめて高速バスで飯田を訪れる方には、こちらをお勧めします。
B:名古屋~上伊那 発着便
 
下記路線図の下3本です。日中は2時間おきで、下伊那地区では中央高速上にのみバス停がありますが、上飯田以外は駅から遠く、タクシーを電話で呼ぶ必要があります。

ー高速バスについてー 
 飯田は「高速バスが命綱のまち」とネットに記事にありました。本当にそうです。  列車や新幹線に比べて、結論「早くて安い」高速バスです。
 名古屋線の主な渋滞箇所は小牧JCt付近および名古屋都市高速です。
 高速バスを利用したこともない方もいらっしゃると思いますので、簡単な説明です。 基本は、トイレつき、4列シートです。 座席は、電話か窓口でしたら選べます。WEB上だと「前方・窓際」などおおよその位置が選べます。 女性専用席が8席あります。 途中休憩は、上伊那発着便のみ恵那峡SAで1回とります(飯田駅発着便はなし)。 車内設備は、バス会社とバスの年式により結構異なります。

(車内設備)
 コンセントは、運しだい(新車に乗れば)という状況です。結構ついているバスが増えた気がします。 トイレの広さときれいさは、車両の年式や運行会社により、大きく異なります。 

(その他)
 名古屋線は、混雑時に続行便を出します。 キャンセル規定がゆるいため、直前でキャンセルが出ます。 ですから、予約時に希望する便を予約できなくても、何回か電話して聞いてみることをお勧めします。 

(渋滞)
 名古屋線の渋滞箇所は、小牧JCT、名古屋都市高速です。
 渋滞を避けるための方法ですが、飯田から帰る場合、上伊那発着便を予約して、瑞浪天徳BSで降りて、JR瑞浪駅から列車に乗り換えることが出来ます。瑞浪駅からの列車の本数は毎時3本程度なため、渋滞5km程度ならばそのままバスに乗って名古屋まで行った方が良いでしょう。瑞浪天徳BS~JR瑞浪駅は迷わなければ徒歩12分位です。
 なお、飯田に向かう場合、瑞浪天徳BSなど途中バス停から乗っても、結局、渋滞を抜けてきたバスに乗ることになるため、高速道路上のバス停での待機時間が増えるだけです。
 渋滞については、[MEXICO中日本さんの渋滞予報]をご参照ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2:名古屋~新幹線~豊橋~飯田線(特急伊那路)~飯田
コスパ ★  (5,660円)
時間  ★★★(3
時間)
本数  ★  (1日2本)

価格(片道) (2019年10月現在)
3,740(乗車券)+990(新幹線自由席特急券)+930(伊那路自由席特急券)=合計5,660円

解説  
 高速バスと比較してご覧の通り、価格・時間とも大きく劣ります。旅行気分で訪れたい方や、バス酔いをする人にはおすすめなルートです。  
 豊橋からの「伊那路」は快適な乗り物で、天竜川沿いを右往左往しながら進む景色が、素晴らしいです。 お金があるJR東海の地域貢献で動いているような列車で、繁忙期であっても必ず自由席に座れますからご安心ください。 私は妻の実家帰省時に何回か平日に乗りましたが、多くて10人/列車でした。本数は少ないものの、使いやすい時間に設定されています。  
 なお、悪天時はダイヤ乱れの発生率が高いため、高速バスを推奨します。

ダイヤ(2019年度)  
名古屋  934→1002豊橋1008→1240飯田(←新幹線はグリーン車から降りて、乗り換えはダッシュ!)  
名古屋1734→1802豊橋1820→2100飯田  
飯田  958→1231豊橋1241→1309名古屋  
飯田1558→1831豊橋1841→1909名古屋

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3:名古屋~JR~中津川~レンタカー~飯田
時間  ★★★(名古屋駅~中津川駅:90分、中津川駅~飯田IC:45分)
本数  ★★★(列車は約15分おき)

解説
 飯田地区でレンタカーを借りる前提ならば、この行き方をご検討ください。
中津川は普通、快速のほか特急しなの号も停車します。
中津川は有名なお菓子屋や恵那峡があり、ちょっと観光もできます。
以前は中津川駅~飯田駅を結ぶ高速バス、鉄道計画があったそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その他

4:名古屋(JRまたは名鉄)~豊橋~飯田線(普通)~飯田
 列車好きな方!必見。半日かかります。
飯田線にたっぷり4時間! 季節により「飯田線秘境駅号」という列車も走ります。
5:名古屋~(名鉄)~豊田市~(以東すべて路線バス)~豊田市足助~根羽村~阿智村駒場~飯田駅
 路線バス好きな方!必見。丸1日かかります。
国道153号線、旧飯田名古屋間急行バスが走った道に沿って、土休日も含めて路線バスがつながっています。根羽村が難所! 待ち時間を使って、根羽村:月瀬の大杉に行かれてはどおでしょうか。