最近の農業研修の様子

朝冷え込む日が少なくなり、徐々に春に近づいているように感じます。

新型肺炎の影響で、祭事や不急の活動はすべて中止になり、私たちも、なんとなく外出を控える雰囲気から、このブログに投稿する記事が減っています。
大学の後輩と話したら、母校の大  学の卒業式が中止になり、卒業生はすでにアパートを引き払って引っ越ししている人もいるとのことでした。
これからいったい、世界はどおなるのでしょうかね。。

最近は、農業技術の習得に加え、今後の住まい探しもしています。
農業研修でどんなことをやっているのか簡単にご紹介します。

①春野菜の種まきや定植(いわゆる家庭菜園)

②柿の木のうろこをはがして、農薬を塗る作業
(カイガラムシというカメムシの仲間を撃退)

③梨「南水」の芽すぐり
(木になる果実の量を調整する作業、「南水」は市田柿と並ぶ、-南信の特産品です!)

4月からは同じく「地域おこし協力隊」の仲間が増えるとか。
では、皆さま健康に気をつけて、お過ごしください。

Follow me!