農業簿記講座、農業研修の近況

1月から計5回、長野県が主催する飯田地区の新規就農者(または予定者)を対象とした、農業簿記講座に出席しています。
簿記と聞くと、出席する前は敷居の高い、難しいイメージを持っていましたが、県普及員さんによる、わかりやすい講義で具体例を交えて実践することで、なんとなーーく、簿記の「ぼ」の字が見えてきたかなという感じです。エクセルのソフトを使って勉強しています。

農業研修は、先週で剪定作業が終了し、2月は机上でルーラル電子図書館という農業専門の電子図書を活用して、市田柿や南水に関わる資料を収集したりしています。
果樹の中でも、柿の資料は少なく、さらに脱渋について甘柿の脱渋方法の記事は多いものの、渋ガキの干すことによる脱渋の記事は非常に少ないです。(生産地が少ないからそりゃそうか…)
記事を読むだけだとインプット中心になり記録に残りにくいため、大切な部分はパソコンに打ち込んで、まとめています。

Follow me!