市田柿の目ぞろい会

地元、JAみなみ信州主催の「市田柿の指導会」に出席しました。
出荷用の柿は大きく3段階に分かれており、すごく手短に説明しますと、上から「秀>優>良」となります。
このうち、「秀」の中で優れたものが、スーパーで売られているプラスチックトレーではなく、贈答用の化粧箱に入ることが出来ます。

今日は、写真↓ のように実物が並んでいて、勉強になりました。
ただし、市田柿は工業製品ではないですから、判断する人によっても多少の違いは出るでしょうし、
「秀」と「良」は明確に違うとしても、「優」とその上下の基準は難しいなと思いました。

Follow me!